安いキャットフードの原材料は怖い

現在の日本の安い某キャットフードは2キロでも数百円で販売されています。しかし、安さにはきちんと理由があります。安くするためだけに考えられた肉副産物や廃棄レベルの4Dミートを主原料として使っていたり、人でも発がん性の疑いが濃厚であまり摂りたくないタール系の合成着色料、ごまかすためだけに使われる香料や刺激の強い調味料。などなどの全く安心できない原材料が安いキャットフードの原材料には表記されています。このような原材料のキャットフードで、果たして元気で病気知らずのシニア猫でいられるのかは大きな疑問です。

安いキャットフードでも長生きできる猫もいるけれど

もちろん、どんな疑問に思う原材料を使用した安いキャットフードであってもすぐにどうにかなるほどではありません。今までも多くの猫が食べているので、すぐにどうにかなれば今頃大きな問題になっているはずです。

そして、安いキャットフードでも20歳を迎えて大往生した猫もいるようです。

とはいえ、その一方では若いうちから病気にかかりやすかったり、

シニア猫になってから大病を患うなどで苦労している猫もいます。

食べるものがどれだけ影響を与えるかはその猫と環境次第です。

人も猫も食べ物の品質に目を配るメリットは共通

人でも、添加物たっぷりのコンビニ弁当ばかりを食べていれば健康が不安になってくるはずです。

安いキャットフードには多くの添加物が使われ、安さと引き換えに健康へのリスクを買っているようなものです。

人の食べ物ですべてを高品質、無添加に置き換えるのは難しいですが、

キャットフードであればそれほど難易度は高くありません。

将来かかるかもしれない高額な医療費を思えば「健康を買ってリスクを減らす」ことは

とても重要な選択です。

安全で高品質なナチュラルキャットフードを買い与えてみれば、

節約して安いキャットフードを選ぶことが抱えるデメリットしか見えなくなるはずです。

おすすめの記事