シニア猫は便秘になりやすい理由とは

シニア猫になると、運動量も低下していきます。それに伴って食欲も若いころよりも落ちてしまうシニア猫も多いです。そうなってしまうと、必然的に便秘になってしまうこともしばしば。

シニア猫の便秘問題は毒素の蓄積にもつながる話です。早急に解決しておかないと、腸の働きが停止して死亡することにもなりかねません。人でも便秘を放置すれば恐ろしいのと同様、猫の便秘も放ってはおけません。自然に解決できると思っていては手遅れになることもあります。

シニア猫の場合は特に、トイレの様子はよく観察して早めに異変に気付いてあげるようにしましょう。3日~5日も出ていない様子が確認出来たら危険な状態です。早めに動物病院へ連れて行って応急処置をしてもらうべきです。

シニア猫の便秘対策に選ぶべきキャットフードの特徴

乳酸菌配合のキャットフードが理想

乳酸菌配合のキャットフードや、水分が豊富なウェットフードが消化吸収と胃腸の働きをよくしてくれます。食物繊維として良質な豆類イモ類のような炭水化物は猫の便秘対策としてもありがたい食材です。

シニア猫の便秘対策として、質の良い無添加キャットフードにはフラクトオリゴ糖を使用しているものがあります。また、グリーンピースのような猫が食べても大丈夫な炭水化物を植物性食物繊維として使用していることも多いです。

シニア猫だけでなく、最近の猫は運動不足から腸の活動が弱って便秘になる場合が多いようです。できるかぎり胃腸の働きを活性化してくれるような成分を多く含む無添加キャットフードを選んであげることが便秘解消につながります。

ビートパルプが入ったキャットフードは便秘に有効か逆効果か?

また、無添加キャットフードの原材料表記の中にもみかけることがあるビートパルプも食物繊維という役割を持っています。様々な食材からとる食物繊維は猫の腸内で善玉菌を増やしてくれるので、便秘にも下痢にも改善の効果が期待されるので重宝されます。

なので、なので、食物繊維が多いキャットフード便秘対策としてもお勧めされることが多いです。

ただ、イモ類や豆類を使用したキャットフードにはそれが食物繊維として使えますのでビートパルプは使用されません。

ビートパルプには原産地や製法によっては

残留薬剤の危険やサトウダイコン由来の糖分の残留など心配される側面もあって

人気がない食物繊維です。

安い価格帯のキャットフードには無添加と書かれていても使用されていることがあります。

なぜなら、イモ類などの野菜を使用するよりもコストを抑えられるからです。

安い代わりに人気がない食物繊維であるビートパルプ、毛玉ケアと書かれているキャットフードにも多めに配合されています。確かに毛玉は排出されやすいようですが、食物繊維を摂りすぎることで起こる、便が固くなりすぎて逆に便秘がひどくなるという症状が怖いです。

猫の便秘対策として考えるなら、ビートパルプが多めに配合されているキャットフードは避けたほうが無難です。

シニア猫が便秘にならないように気を付けたいこと

シニア猫も便秘対策は人と似ています

腸の働きを促進してくれる栄養と水分をキャットフードからしっかりとることと、

腸の働きを低下させてしまうストレスをなくしてあげること。

シニア猫便秘対策に一番いいのは、イモ類や猫に安全な豆類のような食物繊維や栄養も豊富な炭水化物をしっかりと含んだ良質な繊維質を含む無添加キャットフードを食べることです。

そして、水分補給として水をしっかりと飲むように仕向けましょう。

水分と良質なタンパク質を摂ることができるウェットキャットフードを合わせることも、水分補給に役立ちます。その際、スプーンで軽く1~2杯程度の水または手作りのかつおだしでもかけてあげるとなお水分を摂ることができてお勧めです。

シニア猫になってくると、自力で水を飲もうとすることが減ってくるので飼い主のほうがいろいろな工夫をしていく必要があります。

キャットフードからとれる自然の食物繊維で腸内の細菌バランスも整い、腸の働きも安定してくるはずです。

ストレスの少ない環境を用意してあげましょう

ストレスが溜まってしまうと腸の働きは一気に悪くなってしまいます。猫ちゃんはストレスに弱い生き物です。シニア猫であればなおのことです。

人にあまり慣れていないとか、知らない人にはおびえるようなシニア猫がいるならなるべく人を家には呼ばないといったことは猫の健康を守るために必要不可欠なことです。

また、飼い主があまり猫にかまいすぎても構わなさ過ぎてもストレスがたまるようです。猫の様子を見ながら、できるかぎり楽しく平和に過ごしてもらう環境を用意しましょう。

そして、猫がいる部屋は常に清潔にしておくことも重要です。猫はきれい好きな動物なので、きれいな環境のほうがストレスなく穏やかに過ごせるようです。掃除も頑張りましょう。

シニア猫の便秘対策についてのまとめ

質の良いキャットフードと水分、環境がポイント

シニア猫が便秘で困っているときはまず、キャットフードの見直しが重要です。品質が良く、栄養もある食物繊維を含む良質な無添加キャットフードを選ぶことが便秘改善のポイントです。

それに加えて、水分を多くとらせるような工夫とストレスの少ない環境づくりの努力が猫の腸内環境を整えてくれます。

おすすめの記事