激安でキャットフードを作るために使用される4Dミート

4Dミートとは、人が食べることができないレベルの肉のこと

4Dミートは死んだ、死にかけ、病気、障害の4つの状態の動物の肉を使用したもののことを言います。この4つのうち、日本では2009年に制定されたペットフード安全法に基づき、死にかけの肉を除いた3つの状態の肉キャットフードへの使用を認められています。

少しでも安くキャットフードを作ろうと思ったら、原材料にかかるコストをできる限り抑える必要があります。そこで、人の食材としてはスーパーには並ばずに捨てられてしまう部分や状態の肉を業者が仕入れることで激安キャットフードが市場に並びます。

ジジ
どうせ食べるんだったら新鮮な状態の肉のほうがいいなぁ。それに、病気や障害を持った動物の肉って大丈夫?死んだ動物って死因は?

生の状態では使えない4Dミートに栄養価値は残ってるのか疑問

4Dミートは衛生上は安全と言われているけれど‥

そのままで食べてしまうと衛生上問題がある4Dミートは、レンダリング処理によってさまざまな動物の雑多な部位が一緒くたになって粉砕され、高温で複数回加熱処理することで猫が食べても安全だと断言できる衛生状態にすることができます。

食用にはならない状態の肉を特殊加工して食べられるようにしたものが4Dミートともいえます。しかしそれって、生の新鮮な肉と比べたら栄養価値がほとんどありません。タンパク質としての栄養価はあるでしょうが、肉にも本来様々な種類のビタミンやミネラル、酵素が含まれています。生の新鮮な状態でなければ摂取できない微量栄養素があります。よって4Dミートを新鮮な生の肉と比べるとどうしても見劣りしてしまうことは事実です。

交通事故や安楽死させられた犬・猫の死体がペットフードに・・

噂だろうと思っていてはいけない、4Dミートの裏側

なんらかの病気で死亡した動物や、路上で交通事故死した動物安楽死させられた動物がレンダリング処理によって表面上は食べられる状態になってリサイクルされる。

これを命を大事にするために必要な処理と業者は語りますが、それはおかしいです。レンダリングと高温加熱では残ってしまう薬剤の問題がまだあるからです。薬剤は細菌でもウイルスでもないので、どんな処理をしても残留する可能性は残ることがその理由です。

人用の鶏肉でも飼育段階で投与した薬剤の残留も問題視されています。だから、無投薬で育てた鶏肉がオーガニック食材市場では人気になっています。つまり、死亡した動物に投与した薬剤はいつまでも残留し、それを食べる動物の体内にも吸収されてしまう可能性はやはり否定できないのです。

消費者
そんなの食べるくらいだったら昔みたいに、ネズミでも捕まえてきたいよ~

激安キャットフードがそれでも求められる深刻な現状

それでも激安キャットフードが求められるのは人間の無責任が原因

猫を半端な気持ちで飼い始め、金銭面などで途中で捨てるような人が後を絶ちません。そのせいで野良猫は増え、交通事故死する猫だって増えます。保護施設では大量の猫や犬があふれ、譲渡活動は行ってはいますが対応しきれなかった猫や犬は安楽死させられる流れはまだまだ残っています。このような事態を作り出したのは、安易に猫や犬を捨てた人です。

そして、保護活動でも大量の猫のためのキャットフードは激安キャットフードが求められるという悪循環があります。また、一人で何十匹も猫を飼っている多頭飼育の方もいますが、激安キャットフードでしのぐという声が多いのです。それは本当に猫のためになるのでしょうか。

野良猫
今の車社会や、怖い人間が多い時代に野良猫暮らしはつらいな。たまに人間がくれる激安キャットフードは正直言っておいしくない。でも、香りはいいから食いついてしまう。
ジジ
やっぱり、猫を飼うんだったら無添加の品質が良いキャットフードを負担なく購入してあげられる数を基準に考えるべきだよね。賃貸だと1匹はよくても2匹はダメなんて言われることだってあるよ?引っ越しが必要な転勤があったら大変。

4Dミート不使用の無添加キャットフードを選ぼう

4Dミートを気にしないのは人間の身勝手

4Dミートキャットフードにも使われる原因を作っているのも、その悪循環が断ち切れない原因を作っているのも人間です。安さばかりを追い求めると、そこには必ず被害者が生まれます。猫に新鮮で栄養価値もある、安心できる素材だけで作られた無添加キャットフードを選ぶことは猫を育てる人の良識ある行動です。激安キャットフードに頼らなくて済むように責任を持てる数の猫を最初から飼うというのも、良識があればできることです。

なお、既に激安キャットフードでないと困るほどの多頭飼育をしている場合は多頭飼育崩壊にもなりかねないので1匹ずつ責任をもって譲渡するとか、自分が収入を増やすかするほかありません。

普通の、2~3匹くらいの猫であれば無添加キャットフードも1.5キロ3000円~4000円で定期購入ができます。1.5キロは2~3匹の猫にむしろ最適な量です。ドライフードだけでなく、ウェットフードも併用するときにその注文数によって変動はありますが多く見積もっても1か月1万円もあれば養えます。

ジジ
猫に1か月1万円は使ってるっていうと高いっていう人いるんだけど、ひどいと思う。それって日本のスーパーで売ってる激安キャットフードと比べて金額だけを見て言ってない?1匹の飼育の場合だったらドライフードだって1か月1キロだったら余るし、1000円くらいの300グラムサイズのものでも十分だよ。

無添加・ノーグレインキャットフード比較ランキングを公開しています

シニア猫にはドライフードと水分補給にウェットフードの併用もお勧め

おすすめの記事