ドアや窓を開けたすきに猫が脱走するって多い

ジジ
鍵をかけ忘れた窓から脱走して、マンションの屋上まで登ったことがあるよ。
猫は油断すると冒険心からどこかへ行ってしまう

ジジちゃんも1~2歳くらいのころに脱走してしまったことがあります。ベランダに出られる窓は特に警戒しておかないといけないなってそれ以来思うようになりました。ジジの場合は自力で戻ってきてくれたけど、そうではなくてそのまま迷子になる猫もいるところが問題です。

猫が脱走すると飼い主はつらい

猫が脱走してどこへ行ったか分からないという不安感って本当に苦しいです。今は交通網が発達しているので、電車に乗ったりバスに乗ったりしてしまえばわからないくらい遠くへ行ってしまうこともあり得ます。

それに、今の世の中は外には危険な人間がたくさんいます。猫に危害を加えるような危ない人間に誘拐されたらと思うと心配になります。

猫が脱走すると野良猫にけがを負わされるかも

野良猫
見知らぬ猫を見かけたらついつい追い掛け回しちゃうなー。野良猫って縄張りを持って暮らしてるからね。
野良猫とけんかをして、けがをしたら怖い

猫同士での喧嘩が原因で、なんらかの感染症にかかることだってあります。猫が一度脱走したら怪我をしないかがとても心配になります。

迷子の猫が誰かに保護される幸運は珍しい

よく迷子の猫を保護しましたという内容のニュースも見かけますが、そんな幸運ばかりではありません。良い人にもらわれたとしても、飼い主はそれを知らないままでずっと苦しいはずです。

そして、不幸な事故にあうこともあるだろうし、怖い人間に拉致されるかもしれません。

迷子の猫にしないための脱走を防ぐ努力を、飼い主は徹底することが重要です。

まとめ

ジジ
猫は家の中では簡単につかまるけど、外に出たら捕まえるのは難しくなるよ
猫の脱走は飼い主も猫もダメージが大きい。

猫の脱走が怖い3つの理由を整理すると、以下の通りです。

  • 飼い主がいつまでも不安でたまらない
  • 猫が野良猫とけんかしたり、病気・ケガをしないか心配
  • 怖い人に拉致されるかも

一度外に出て脱走してしまえば、簡単には捕まえられなくなってしまうのが猫です。飼い主は窓や玄関の開け閉めには細心の注意を払うようにしましょう。

キャットフード
ちなみにジジが最近よく食べてくれるキャットフードがレガリエです。動画で食べている様子を公開しています。猫が脱走するとこんなおいしいご飯も食べられなくなります。猫を飼い始めたら脱走対策をしておきましょう。

レガリエキャットフードを食べるジジの動画付きレビュー記事はこちら

おすすめの記事