アカナキャットフードはこだわりのヒューマングレード

新鮮な肉、魚が70%も使用された高タンパク質キャットフード

アカナキャットフードはカナダが原産国で、「鶏肉」「魚」「ラム肉」の3種類のラインナップがあります。いずれも徹底した鮮度ヒューマングレードの素材を贅沢に使用されています。メインとなる動物性食材の使用割合が70%なので嗜好性も高いのが特徴です。

それだけでなく、新鮮で栄養価も高い野菜やハーブもたっぷりと使用されています。選りすぐりの材料だけを使った、栄養バランス満点のキャットフードです。

アカナキャットフードの原材料

新鮮丸ごと太平洋ニシン (16%)、新鮮丸ごと太平洋イワシ(13%)、新鮮丸ごとアブラカレイ(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、太平洋タラミール(8%)、丸ごとシロガネダラミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、タラ油(6%)、新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%)、新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%)、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、コールドプレスヒマワリ油、日干しアルファルファ、 乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライタラレバー(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

アカナキャットフード公式サイト
アカナキャットフードのいいところ アカナキャットフードの気になるところ
無添加・ノーグレイン・素材が新鮮 脂肪分が20%なので食べすぎに注意
340グラムなら1350円
タンパク質は37%で食いつきも良い
アカナキャットフードはすべての素材が高品質だけど安く試せるのがいい

アカナキャットフードの原材料には危険なものは一切含まれていません。原材料のすべてが自然のものを丸ごと、新鮮な状態で使用しています。もちろん保存料としては自然の素材であるローズヒップが使用されています。

アカナの魚タイプである「パシフィカキャット」は最高品質の魚がたっぷり使用されているので魚が好きな猫の食いつきがとても良いです。栄養が偏らないように、新鮮な野菜やハーブも使用している点がとてもヘルシーです。猫の泌尿器の健康に良いクランベリーもしっかり入っています。

340グラムから1350円と安い値段で販売されているので、1匹なら1か月は使える量です。ちょっとだけでも食事のローテーションの一部に取り入れてみるという試し方もしやすい量なのでありがたいです。

ミールという表記についての補足

アカナキャットフードにも「ミール」という表記があります。ミールとは素材を粉末状にしたもののことで、その品質が粗悪なものや正体不明のミールの話も出回っているので不安に思う方もいるかもしれません。

ですが、アカナキャットフードに使用されているミールは新鮮な海の魚をそのまま丸ごと粉末状にしているということなので何も問題はありません。アカナのように、何のミールなのかが明記されているキャットフードの場合は、素材の品質も保証付きということです。

アカナキャットフードを食べた猫の反応

ジジ
新鮮な海のお魚が贅沢に使用されてるから、香りも良くておいしかったよ。
残さず全部食べちゃった。粒の大きさも小粒タイプなのでうれしかったな。
アカナキャットフードは新鮮・嗜好性抜群・安く試せるといいところが多いです

アカナキャットフードは小粒タイプなのでシニア猫でも食べやすい大きさで、開封した時も魚の良い香りが感じられました。340グラムから購入できるので小分け保存もしやすく、すぐ使い切れるので新鮮な状態をいつでもキープできるのが良いです。

ただ、高タンパクで比較的脂肪分が高めなので肥満にはならないように、計量して与えすぎには注意しましょう。栄養が豊富なので、少量でも猫は意外と満足してくれます。

おすすめの記事